ドローン利活用事業

T&Tはドローン技術を さまざまな場面利用に生かします

1

Disaster

災害対応業務

近年多発する災害に備え、従来から各地で取り組まれている防災活動に加えて災害による被害をできるだけ小さくする取り組みとして減災が求められています。ドローンには防災、減災活用に関して平時、災害時を問わず多くのニーズがあります。平時の防災訓練、避難訓練、災害時の被災状況調査、物資輸送、孤立集落支援や行方不明者捜索活動などそのニーズは多岐にわたります。1枚目の写真は平成30年7月豪雨で発生した土砂崩れの写真です。ドローンを活用することによって、発生翌日に調査することができました。また、T&Tでは「ドローン減災士」資格を創設し、ドローン技術と災害に対する知識を持ったプロフェッショナル人材の育成も行っています。

ドローン減災士協会 DEO

2

Surveying

道路舗装調査業務

T&Tが独自開発した画像処理ソフト「CRAD for Asphalt」を活用して道路舗装面のひび割れ劣化調査を行います。これまでは実際に現地を目視確認して図面に手作業でプロットする必要がありましたが、「CRAD for Asphalt」はドローン搭載カメラなどで撮影した写真を基にソフト上で舗装面のひび割れを解析し、ひび割れ展開図とひび割れ箇所のヒートマップを自動で作成します。作成したデータは効率的な修繕計画の立案などにも使用可能です。従来の手書きによるプロット作業では数日間かかるほど広範囲の調査であっても、数分~数十分で解析、プロットすることができます。

3

Research

共同研究業務

T&Tでは民間企業同士だけでなく、行政や大学などの教育機関と連携してさまざまな共同研究を行っています。2018年には神戸大学、摂南大学、パナソニック株式会社との共同研究としてドローンに照度計を取り付け、屋外スポーツ施設の照度測定を行いました。この共同研究は照明学会全国大会優秀ポスター発表者賞に選出されました。さらに同年、神戸大学、神戸大学減災デザインセンターと共同でドローンに空中標識を結び、市街地での視認効果を確認しました。2020年には岐阜薬科大学、一般社団法人EDACと共同でドローンによる医薬品の搬送実証実験をしました。

4

Inspection

外壁調査業務


T&Tではドローンを活用し、マンションなどの構造物のひび割れ、タイル面の浮きなどを効率的に調査します。高精度可視カメラを使用することにより0.01㎜単位でのひび割れ解析が可能です。また、赤外線カメラを活用することによりタイル面、塗装面の浮きや雨水の浸水箇所の特定などが可能になります。作業時間も非常に短く、例えば14階建てのマンションのひび割れ調査、浮き調査であれば約2時間で点検することが可能です。足場を組む必要がないためコストを抑えた調査ができます。報告書の作成では一級建築士免許や特定建築物調査員資格を持った専門家が監修します。自治体が行う特定建築物定期調査報告にも対応しています。日本全国で多数の実績があります。

ドローン赤外線調査普及協会 DISPA

5

Drone shot

空撮業務


上空から、高画質カメラを用いてドローンならではの撮影を行います。また、ドローンに360°カメラを搭載して行うVR映像撮影にも対応しています。T&Tでは航空局から許可を得ているパイロットが安全に留意して飛行を行います。観光用動画の撮影だけでなく、赤外線カメラを用いて山間部での野生鳥獣の生息状況調査なども行っています。

6

Hardware

ハードウェア開発

既存のドローンをニーズに合わせて改造します。ドローンからの映像を見ながらリアルタイムで広報可能なスピーカーと物資投下システムを搭載した災害対応ドローンを開発し、特許を取得しています。その他にも物資を輸送するための輸送ボックスを搭載したドローン、野生鳥獣をおびき寄せるための誘引餌を空中投下できるドローンなど、数多くの開発機体があります。